ブログトップ

湘南すたいる

sunbeach.exblog.jp

なんでサーファー=貧乏?

「付き合う人は海に入る人が良いな~きっと自分とリズム感とか感性があうから
一緒に居て居心地とか物や人に対する考え方が合うような気がする!」

と最近は友達に言うと、ま、自分たちの年齢もあるのだろけど、

「サーファーは貧乏だし、ろくに働かないよ~!安定した幸せを求めるんだったら
やめといたほうが・・いくら感性が一緒で性格よくても、お金がなければダメだよ」

と言われます。しかし、考えてみればどうして貧乏なんでしょうねー?
海に入ったって、お金かかんないし、しいて言えば、駐車場代とか
お昼のコンビニ代とか板とウェットを毎年買い換えたってたかが知れています。
大体そういう人は一人暮らしで家でお酒飲んでそうだし・・←予測
車が趣味とかバイクが趣味とかのがよっぽどお金かかりそうです。

そして働かないという点では、なんとなく納得しちゃいますが
(自分が自己犠牲を伴うほど、やみくもに働くのが好きでないだけに・・)
会社員で土日だけサーフィンするなんてたくさん入るし、何もそこまで
毎日仕事を放り投げても海にいくなんて人に、私は出会ったことがありません。

でもサーフィンって社会的地位が低いみたいなんですよね。
オリンピック種目にもならないし、サーファーは遊び人が多いとか
離婚率が高いとか、ろくな話聞かないです。

多分海に入る人は自分を含めて、世間体とかどうでもよくなってるんじゃないか・・と
思います。いつか死んじゃうかもしれないっていう体験もしちゃうわけで、そうしたら
もう人に何言われようが自分の人生をやりたいように生きたいって
そういうとこから、恋愛とか生活とか自分本位になっちゃうのかもしれませんね~
もちろん人の迷惑になることはしてはいけませんが、あとは個人の感覚ですよね。
これは私の好きなラテンにも通じるとこがあります。
(食べる・歌う・踊る・寝る=幸せ)というのと
(いい波・きれいな景色・自然と自分の一体感=幸せ)
・・やっぱ似てる。シンプルなんです。
きっと多くを望まないで幸せになれちゃうんですね。
[PR]
by sasaki0902 | 2004-09-21 23:48 | ■ボディボード
<< Kaldi freshness burger >>